キャブ車とインジェクション車の違いとは!?バイク選びのポイント

バイクを買うときに、キャブ車にするかインジェクション車にするかで迷われる方も多いのではないでしょうか?

最近のバイクは、インジェクション車が主流ですが、故障した時に修理にお金がかかる、バッテリーが上がった時に押しがけでエンジンの再始動ができないなど、問題点もいくつかございます。

なら、キャブ車はどうなの?

ということで、ここではキャブ車とインジェクション車の違いやメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

キャブ車とインジェクション車の違いとは?

キャブ車とは、エンジンの燃料噴射装置「キャブレター」を搭載した車両のことを指します。

キャブレターとは、燃料となるガソリンと空気の混合気を作る機械のことです。ガソリンは液体のままだと燃えにくいため、空気と触れさせ、比較的燃えやすい気化状態にします。

そして、エンジン内へと送り込みスパークプラグから放たれる火花で一気に爆発を起こさせます。

キャブレターは、混合気の量を調整し、爆発の力を変えています。

一方、
インジェクション車とは、燃料噴射装置「インジェクター」を搭載した車両のことを指します。

キャブレターは、常に一定量のガソリンと空気の混合気を作るのに対し、インジェクターはコンピュータでガソリンの噴射量を調節できるだけでなく、燃焼効率を上げるためガソリンを霧状に噴射し、燃えやすくします。

インジェクション車は、燃料の噴射量、空気の酸素量や温度、排気ガスの濃度までもコンピュータで管理できます。

このように、インジェクション車は従来のキャブ車とは全く仕様が異なることが分かります。

キャブ車とインジェクション車のメリットとデメリット

 

先ほど、キャブ車とインジェクション車の違いについてご紹介させていただきましたが、ここからはメリットとデメリットを表で分かりやすく解説いたします。

【キャブ車】

メリット

  • 構造が簡単なため、メンテナンスがしやすい
  • 故障しても修理代がそんなに高くない
  • 自分好みにセッティングができる
  • 回転数を上げると、独特な振動や音を体感できる

デメリット

  • 気温が低いとエンジンがかかりにくい
  • 気温や気圧、湿度などの環境に左右されやすい

【インジェクション車】

メリット

  • エンジン始動が楽々
  • 気温や気圧、湿度などの環境に左右されにくい
  • ほとんどメンテナンスがいらない

デメリット

  • 故障したときは、修理代が高くつく
  • 構造が複雑なため、自分好みのセッティングが難しい
  • バッテリーが上がったり、電気系統に不具合があるとエンジンの再始動が難しい

など、それぞれで良い点や悪い点がいくつかあげられます。

バイク選びのポイント

 キャブ車とインジェクション車で迷ったときは、それぞれのメリットとデメリットを理解しておく。

 自分好みにセッティングやカスタムしたい場合は、キャブ車のほうが整備しやすい。

 安心してツーリングしたい方や冬場でもすぐにバイクに乗りたい方は、インジェクション車がオススメ。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す